自己分析がなにより大切

正社員として長く働くために最初にやるべき事は、自分自身を良く知る事だと言える。まず、自分がやりたい仕事を考えてみてほしい。今まで培ってきた技術や経験だけでなく、趣味や興味のある物でも構わない。それらを一度、文字にして並べてみるのだ。そうする事で、出来る仕事とやりたい仕事が見えてくる。

正社員としての採用は、会社側にとっても長期的に継続してもらう事が重要になってくる。就職した後で後悔しないように、しっかりと業種や仕事内容を選んでおく必要があるだろう。そしてそれは、面接のアピール対策にもなる。自分の性格に合った志望理由を見つける事で、他の就活者よりも熱意を相手に伝える事が出来るのだ。

次に、日頃の生活スタイルを考えるのも大事だ。仕事と直接関係がないように見えるがそんな事はない。趣味の時間を多く取りたい人はもちろん、食事をゆっくり食べたい人もいる。そういった人は、残業時間が多い会社を選んでしまう事でモチベーションの維持が難しくなり、長期継続が出来なくなる。譲れない物は誰にでもあり、それは悪い事ではないのだ。それらをしっかりと認識して、条件に合う会社を探すことで、初めて正社員として長期継続が可能になる。

また、面接で自分が求める条件に合っていない場合、そこで辞退する事も容易になる。妥協して選んだ会社は絶対に続かない。後悔しないと言える、あなたが本当に働きたい会社を見つける事がなにより大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です