需要が高まる業界は狙い目

一般の企業では、どんどんと正社員の数が減ってきている現状がある。ほとんどの仕事が、外注に頼ることで済ませられる世の中になってきている。業務委託契約や請負契約によって仕事が進められていくため、正社員をわざわざ雇用して企業側が保険の掛け金を負担する必要もない。こうした流れはさらに今後も続いていくものであると予想されている。

しかし、介護を含む医療業界においては、まだまだ正社員として大量の採用が行われている。なぜなら、こうした業界では基本的には外部の人間に仕事を任せることができないからだ。責任を持って現場で患者や利用者の世話をしなければならない上、毎日チームで引き継ぎながらルーティンワークをこなしていかなくてはならない。プロジェクト単位で人を入れ替えられるIT業界などとは、根本的に働き方が違っているため例外だといえるだろう。

もし派遣が嫌で正規雇用をしてもらいたいなら、介護を含む医療業界を志望するのが賢い選択となる。専門学校を卒業して国家試験に合格すれば、後の人生で仕事に困ることがなくなるため大変便利だ。正規雇用なのでボーナスもきちんと支払われ、それによって総合的な年収額もアップする傾向が強い。一般企業ではボーナスがゼロというところも珍しくないため、待遇面でもやはりメリットがあると言わざるを得ない。未経験者でも資格があれば歓迎されるため、転職先にするのも悪くはないはずだ。政府のサポートの介入も見込まれ、今後さらに需要が高くなる業界であるため、今のうちから狙っておくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です